治験ボランティア・臨床試験モニター募集ならメディカルベースメント

治験ボランティアQ&A

治験ボランティアに関する、よくあるご質問とその回答です。

Q1:治験は安全ですか?

治験では、国の基準に沿って患者様の安全に配慮した綿密な治験実施計画書に基づいて慎重に進められます。治験に至るまでの試験では、生体への安全性を確認しています。

Q2:副作用はないのですか?

治験を開始する前に、前臨床試験といい、毒性試験や安全性薬理試験などで十分に安全性を確認したのち治験を開始しています。開始後、製薬メーカーは、経験豊富な専門の医師が全国の治験担当医師により、治験薬の情報共有を行い、副作用を細かくチェックしています。
もしも治験薬により健康被害をうけた場合は、すべて製薬メーカーが補償をしています。

Q3:治験のメリットとは?

■新しい治療方法が受けられます。
■専門医師による診察とアドバイスが受けられます。
■定期的にご自身の健康状態をチェックできます。

Q4:治験のデメリットとは?

■通院や検査のために時間の調整が必要になります。
■食事制限、運動制限等が必要になります。
■副作用の可能性を完全否定することはできませんが、生じた場合は適切な治療と保証が受けられます。
■試験によってはプラセボ(偽薬)の場合があります。

Q5:負担軽減費(謝礼)

負担軽減費は、あくまで医学ボランティアである皆さんを拘束している時間や守ってもらっている遵守事項、採血などによる身体的な負担を軽減する目的で支払われています。

 

<負担軽減費の算出概念(4日間の入院の場合)>
時給600~900円×24時間×4日=57600~86400円
これに加え採血回数、交通費などが加味されます。

Q6:入院生活はどんなことをするのですか?

基本的には血圧、採血、心電図などの時間以外はほとんど暇な時間ばかりになります。

治験入院生活の詳細はこちらから

メディカルベースメントへのボランティア登録、治験の参加は、強制ではありません。
また、登録、参加に際して、年会費や登録料が発生することもありません。
自由意志で参加できますので、ご安心下さい。
メディカルベースメントへのボランティア登録、治験の参加は、強制ではありません。
また、登録、参加に際して、年会費や登録料が発生することもありません。
自由意志で参加できますので、ご安心下さい。
治験ボランティアはアルバイトではありません。