治験ボランティア・臨床試験モニター募集ならメディカルベースメント

尿蛋白

こんにちは。
秘書猫みーでございます!

12月も中旬に入り、忘年会、クリスマス、大晦日とビックイベントが目白押しの状態なんですが、皆さんくれぐれお身体はご自愛くださいね!

さて、前々回からお送りさせて頂いている検査値に関する説明でございますが、今回は尿蛋白についてお話させて頂ければと思います。

 

尿蛋白とは

健康診断

まずは尿蛋白について解説させて頂きます。

尿蛋白とは、本来であれば腎臓で処理されているはずの蛋白が尿に出てしまう状態のこと。

健康診断の尿検査によって指摘された方もいるんではないでしょうか。

健康な人の尿蛋白の量は1日に75~150mg程度と言われてますが、急性腎炎や慢性腎炎などの症状があったりすると、蛋白が腎臓から漏れ出し、尿蛋白が陽性になってしまうんです。

健康な人でも1日150mgまでは認められますが、一過性のものであれば特に問題ありません。

しかし、1日150mg以上が継続的に見られる場合、病気が潜んでいる可能性があります。

 

尿蛋白の数値

尿蛋白の数値

尿蛋白の基準値には各機関ごとに表記方法や若干のばらつきがありますが、一例を挙げると以下のようになっています。

正常値

健康診断(尿検査)においては、尿蛋白の数値は-(マイナス)で陰性とされます。これが正常な値となります。

要注意

+(プラス)は陽性、±(プラスマイナス)は弱陽性となり要注意です。この段階で何かしらの病気が潜んでいる可能性もあります。

病気の疑い大

また、+2は強陽性となり、腎臓や尿路に何らかの障害が起きていることが推定されます。

 

尿蛋白の種類

尿蛋白の種類

ここで3種類ある尿蛋白の種類についてご紹介させて頂きます。

一過性蛋白尿

風邪などによる発熱やスポーツなどの激しい運動後、及び長時間労働などのストレスなどにより引き起こりますが、健康上の問題は特にありません。

間歇性(かんけつせい)蛋白尿

ある一定期間に蛋白尿を繰り返すものですが、ほとんどの場合は問題ありません。しかし持続性蛋白尿に病状が移行する可能性があるため、定期的な観察が必要になります。

持続性蛋白尿

尿検査で常に陽性反応が出てしまう場合は病気の疑いがあります。原因によって腎前性、腎性、腎後性などタイプに分けられます。故に専門医にしっかりと診てもらう必要があります。

 

尿蛋白から考えられる病気

尿蛋白からの病気

尿蛋白が検出されることから考えられる病気は多岐にわたります。

多発性骨髄腫、溶血、横紋筋融解症、糸球体腎炎、糖尿病性腎症、腎硬化症、ループス腎炎、アミロイド腎、間質性腎炎、中毒性腎障害、先天性尿細管疾患、尿路結石症、炎症、腫瘍

 

まとめ

激しい運動の後や、高熱を伴う風邪などでも、一時的に腎機能が低下して尿蛋白が陽性になる場合があります。

尿にはその人の全てが現れるとも言われております。

健康診断で尿蛋白が見られると診断された場合は、より精密な検査を受けて医師の指導を仰ぎ、今までの生活スタイルの見直しをしていくよう心がけましょう!

体重

こんにちは!
秘書猫みーでございます。

気付いたらあっという間に12月ということで。

今年は例年になく暖冬ということで「あれ、もう12月なの?」という方も多いんではないでしょうか。

しかし、暖冬と言えども1年の締めくくりの月とあって、皆さん忘年会や年末年始などに様々なイベントが目白押しかと思うんです。

そこで心配になってくるのが飲み過ぎや食べ過ぎで体重が増えすぎてしまうこと。

一時的であれば良いんですが、長年の蓄積で中性脂肪の数値などが高い人は要注意です。

今回は年末年始を過ごすにあたって知っておきたい中性脂肪のことについてお話させて頂きます!

 

中性脂肪についてのおさらい

お腹周りの脂肪

まずは中性脂肪について改めておさらいしましょう。

中性脂肪は主に体のエネルギー源として利用されるんですが、余った中性脂肪分は皮下脂肪や内臓脂肪として蓄えられてしまうんです。

また、血液中の中性脂肪値が基準値より高いと、動脈硬化のリスクが高まったり急性膵炎、脂肪肝の原因になることも。

そしてこの中性脂肪、一番関係性が深いのが食事。

いわゆる食べ過ぎなどによるエネルギーのとり過ぎが、中性脂肪値を上げる最大の原因です。

 

中性脂肪を抑える食事が基本

適切な食事

中性脂肪の数値が高い方はいわゆる「血液ドロドロ」の状態になります。まずは血液が”サラサラ”になるような食生活が大事になります。まずは基本となる食習慣をご紹介しましょう。

主食を食べ、動物性脂肪をひかえめにする

主食と言われている穀物類(ご飯、パン)には脂質が少ないので、きちんと食べることが重要です。また、動物性脂肪が含まれている肉類を少し控えめにしましょう。

新鮮な魚類を多く食べる

新鮮な魚には、動物性脂肪でも、EPA(イコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)という成分が含まれてます。肉を少なめに、魚をとり入れる工夫をすることで、中性脂肪を抑える効果が期待できます。

植物性タンパク質と食物繊維を積極的に摂る

植物性タンパク質には、血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。その代表は大豆類で、豆腐、納豆など大豆食品を毎日の食事にとり入れるのもポイントです。

 

中性脂肪を高めない4つ工夫

有酸素運動

最後になりますが、前述させて頂いた「食事の基本」をベースに、中性脂肪を高めない為4つの工夫をご紹介させて頂きます。

何事も腹八分に

中年の方などは、若いころと同じような食事量のままの方もいるようです。慢性的な食べすぎによってエネルギーが消化できないと、最終的には中性脂肪となり肥満の原因になります。まずは、食事の際は腹八分目にしましょう。また夜間はエネルギーの消費量が少ないのでなるべく控えるようにしましょう。

急いで食べずゆっくり食べる

しっかりと咀嚼しないで飲み込んでしまうと胃腸で上手く消化されず、中性脂肪になってしまう原因になります。焦らず、ひと口ごとによく噛んで食べるように心がけましょう。

お酒を飲みすぎない

適量のアルコールには、善玉(HDL)コレステロールを増やす効果があります。ところがアルコールを摂りすぎると、今度は中性脂肪を増やす原因となります。適量となる1日当たりビールなら大瓶1本、日本酒なら1合、ワインならグラス2杯程度に抑えることが中性脂肪を高めない飲み方です。

適度な有酸素運動

中性脂肪の中でも内臓脂肪は様々な生活習慣病を引き起こす要因。しかし、適度な運動によって減らすことが可能です。軽めのジョギングなどの有酸素運動を1日10〜15分程度の運動などを生活の中に取り入れることで、中性脂肪を効率よく減らすことができます。

 

まとめ

如何でしたでしょうか。

これからスタートする宴会シーズンで急激に中性脂肪の数値が上がってしまい、いきなり病気になるなんてことは少ないと思います。

しかし中性脂肪とは『サイレントキラー』とも呼ばれ、徐々に危険因子が累積し「ある日突然・・」なんてことも可能性としては多分にございます。

忘年会や新年会など特別な時間を楽しみながら、しっかりとあなたの体の事を意識した年末年始にして頂けたら嬉しいです。

それではまた次回お会いしましょう!

痛風の症状

こんにちは!
秘書猫みーでございます。

11月も下旬という事で、間もなく師走という事もあり世間も慌ただしくなってきました。

皆様におかれましても、様々なイベントの予定がある方もいらっしゃるかと思いますが、無理な暴飲暴食も多くなるのもこの時期ですよね。

忘年会シーズンということで一過性のことかと思いますが、そのまま同じライススタイルになってしまうと、生活習慣病になりかねません。

そんな中、ここ最近よく耳にする病気が「痛風」。

食事のバランスを崩してしまい、尿酸が基準よりも大幅に上回ってしまった方が発症する病気です。

わたくしみーの知り合いである某中小企業の社長さまなんかも「最近、痛風になっちゃって大変なんだよ」という方もいらっしゃるくらい、現代病として認知されつつありますよね。

そこで今回は、痛風の直接的な原因でもある「尿酸」についてお話させて頂きます。

 

尿酸とは

尿酸値

まずは尿酸について簡単に説明させて頂きます。

尿酸とは細胞の核になる成分「プリン体」が分解された時にできる老廃物のこと。

血液中の尿酸濃度が基準値を上まると「高尿酸血症」と診断されます。特に、8.0mg/dl 以上になってしまうと、足の付け根が赤く腫れて激しく痛む「痛風」、その他「腎臓病」などが起きやすくなります。

 

【尿酸の基準値】男性4.0~7.0mg/dl 女性3.0~5.5mg/dl

 

高尿酸血症には、肥満や食べ過ぎ、お酒の飲み過ぎなどが関係しており、いわゆる生活習慣病として認知されるようになりました。

 

尿酸が引き起こす怖い病気「痛風」

プリン体を含むウニ

そして尿酸とイコールでイメージしてしまうのが「痛風」ですよね。

症状としては、突然、足の親指のつけ根から猛烈な痛みにおそわれ、1~2時間もすると足の甲がぱんぱんに腫れあがってしまう症状が代表的です。

また痛風の由来である「風が吹いても痛みが走る」という例えそのままに、わずかに風があたるだけでも激痛に襲われてしまいます。

これは、ストレスに伴う食べ過ぎ、及びお酒を多量に飲んでしまうなどといった生活習慣の乱れ、仕事でハードワークしている方や激しいスポーツをしているなどといったことが大きく影響しているといわれています。

痛風は、体内の新陳代謝によってできる尿酸の量によって起こります。

そして尿酸値が高尿酸血症になると、血液中に溶けきれない尿酸が結晶となって関節に沈着し、痛風発作を起こしてしまうというメカニズムです。

 

尿酸の原因はプリン体

プリン体を含むビール

尿酸のもとは、皆さんご存知かと思われますが「プリン体」といわれる物質。

主に次のような3つの方法で作り出されます。

①プリン体が含まれている食事をとり続けて、体内のプリン体が増えてしまう。
②プリン体が体内の細胞の核酸に含まれており、体の新陳代謝により古い細胞が分解されることでプリン体が発生する。
③急激にエネルギーを消費することによりプリン体が生み出される

特に①と③を上手にコントロールすることが高尿酸血症や痛風の治療・予防にとっても重要です。

 

尿酸を上げない為の予防策

食べ過ぎ

最後に尿酸値を上げないための具体的な対策について。いずれにしてもやる事はシンプルで、当たり前こと。

少しずつ生活に取り入れてみましょう!

予防①:プリン体の多いものを控える

プリン体の多い魚肉類の内臓や干物を食べるのをセーブして、栄養バランスの良い食事を心がける事。

予防②:アルコールを採り過ぎない

お酒は1号程度の適量にすること。

予防③:ストレスを溜めない

仕事に関してはなるべくストレスを溜めずに、自分のペースでこなすことを心がける。

予防④:食べ過ぎない

肥満防止のために食べ過ぎには注意。現状で肥満指数が高い方は有酸素運動などでゆるやかな減量をするよう心がけましょう。

 

まとめ

如何でしたでしょうか。

尿酸の値が高くなってしまうことで、痛風をはじめとした様々な生活習慣病が発生するリスクがあること、お分かり頂けたのではないでしょうか。

まずは掲載させて頂いた具体的な予防法を実践することにより、高尿酸血症や痛風にはなりにくくなります。

さらに痛風が原因となって発症する尿路結石、痛風結節(関節にできる大きな瘤)、腎障害といった怖い合併症を引き起こすリスクも低下します。

健康的なライフスタイルにするために、少しでも尿酸についての予備知識として皆様のお役に立てたら幸いです。

1 2 3 4 5 6 37