治験ボランティア・臨床試験モニター募集ならメディカルベースメント

流行するはしかの感染

こんにちは。
秘書猫みーでございます!

一段と寒くなり、空気も乾燥してインフルエンザの感染がピークを迎えてますよね。

一方でそのインフルエンザよりも圧倒的な感染力を誇る感染症も大流行なんだとか。

その名は「はしか」。

なんでも今月8日から10日にかけて、大阪と東京を新幹線で往復した40代の女性がはしか(麻しん)に感染して状態で移動をしてしまったんだとか。

はしかは感染力が強いうえ、新幹線の中で不特定多数の人が感染するおそれがあるとして注意を呼びかけているんだそうです。

そこで、今回は、はしかの主な症状と対策についてお話をさせて頂きます!

 

はしかの主な症状と合併症

はしかの症状

はしかは感染すると、おおよそ10日〜12日の潜伏期間を経て、最初は風邪のような症状が現れてきます。

その後、2〜3日くらい微熱が続いたあと一気に39℃以上の高熱が出てしまい、はしか特有の症状である「発疹」が出現するという流れになります。

また、はしかが怖いのが肺炎や中耳炎などの合併症が出やすいこと。

確率は低いとはいえ、患者1000人に1人の割合で脳炎が発症するリスクもあるんです・・。

そして、深刻な場合は死亡するケースもある大変こわい感染症なんですよ。

 

はしかの感染経路

はしかの感染経路

はしかに感染経路についてなんですが、殆どが咳やくしゃみなどの“飛まつ感染”と言われております。

空気中を漂うウイルスを吸い込んだだけでも感染し、その感染力はインフルエンザの10倍以上とう報告も。

その感染パワーは凄まじく、例えばの話ですが、個室などの閉鎖された空間で発症者が1人いるとします。すると同じ教室にいる人が、はしかの免疫を持っていない場合、90%の確率で発症するという恐るべき感染力なんです。

 

強い感染力の麻疹の予防対策

ワクチンの予防接種

では「はしか」に対する具体的な予防対策はあるんでしょうか?

それはワクチンを事前に接種する事に尽きるんです。

ただ、これだけ強い感染力を持っている「はしか」も、ワクチンを接種しておくことでかなり高い確率で予防する事が可能なんです。

また、感染者ともし接触してしまった場合、免疫がない人は接触後72時間以内にワクチンの接種を受ける事で発症を予防する事ができる可能性があります。

 

『MRワクチン』

 

こちらを接種しておくことで感染を防ぐ事ができます。

 

まとめ

如何でしたでしょうか?

まずは飛沫感染のリスクを減らすためにマスクやうがい手洗いも非常に大事なんですが、一番はワクチンを接種することです。

そのため、麻疹・風疹ワクチンを接種した記憶がない人・母子手帳に記録がない人はまずはワクチン接種をするようにしてくださいね。

これから迎える春に向けて皆さんの健康状態がベストであってほしいと思い、今回は筆を執らせて頂いた次第です。

以上、今回ははしかの主な症状と対策についてお話をさせて頂きました!

秘書猫みーでございます!

さあ、2月もスタートして暦の上では立春を迎えて春ということなんですが。

春と言えば、プロ野球ファン待望のペナントレースが控えてますよね!

既に各球団もキャンプに突入し、開幕に向けて調整を行っている今日この頃なんですが。

突然で非常に恐縮ではございますが、はやる気持ちを抑えつつ、わたくしが独断と偏見で選ぶ、豪快なホームラン5選を発表させてもらっても良いでしょうか。

それではいってみましょう!

 

みーが選ぶ豪快なホームランTOP5

 

5位:阿部慎之助

手首のスナップが効いたバッティング技術は、あの名将である野村克也氏をもって「天才的」といわれるほどのスイング。

打った後の独特のフォロースルーも見ごたえがあります。

 

4位:ブライアント

ホームランか三振か・・。

極端なバッティングではありましたが、一度ハマるととんどもない打棒を発揮したブライアント。

ホームランを打った後、山を見上げるように打球を見守るシーンは印象的でした。

 

3位:中村紀洋

フルスイングの影響により何度も手首にメスを入れている男。

ホームランの打球の軌道もさることながら、打った後の豪快なフォロースルーのシルエットが非常に華があるバッターでした。

 

2位:新井貴浩

ホームランを打った後、バットを放り投げさせたら日本一画になるバッターと言っても過言ではありません。

そして新井の特徴は右方向にホームランを打った際のバットを地面に叩きつけるのが印象的でした。

 

1位:原辰徳

 

そしてこの男の登場です。

5位から2位までの打者はいずれの打席も豪快なバッティングでしたが、原辰徳はどちらかというと綺麗でスマートなバッティング。

しかし、ある一打席だけはバット投げの最高峰と呼ばれる伝説的な打席があるんです。

vsヤクルト戦。

当時のヤクルトのエースであった伊藤昭光が執拗な内角攻めをして、怒った表情の原が渾身の力を込めて打った一撃!

体を大きくのけ反らせてバットを後ろに投げたシーンは、もはや野球史に残るレベルのインパクトでした。

 

まとめ

如何でしたでしょうか。

いずれの打者も豪快なホームランはもちろんのこと、魅力的で華のあるバッティングが持ち味の選手ばかりですよね。

プロ野球は結果が全て、という見方も多いですが、子供たちに夢や希望を与えるのはこういった分かりやすく、インパクトのあるプレーではないでしょうか。

今年もペナントレースでも記憶に残る豪快なホームランが何発生まれうんでしょうか?

今から楽しみでなりません。

以上、秘書猫みーがお伝えさせて頂きました!

感染症対策

こんにちは!
秘書猫みーでございます!

2月に突入してインフルエンザ感染がピークを迎えて、様々な対策が声高に叫ばれている今日この頃。

ちなみに皆さん、マスクや手洗い・うがいもさることながら、お部屋の湿度はしっかりと保たれてますか?

今回は、感染症にかからない為の最適な湿度、そしてお対策をお話させて頂ければと思います!

 

感染症を予防する部屋の湿度は40~60%

部屋の湿度

まずは皆さんは快適な湿度の値を正確に知ってますでしょうか?

部屋の湿度が低かったり、高すぎたりすると健康が損なわれる可能性があります。

その中で、乾燥した状態だと風邪をひきやすくなるのは皆さんもご存知ですよね。

そのため、さまざまな感染症に感染しないためには、快適な湿度を心がけることが重要です。

まずは湿度計を家に設置して人間の健康にとって最適な湿度である『40パーセントから60パーセント』をキープするように心がけて下さい。

特に寒い季節には暖房の使用も増え、乾燥しやすくなります。

湿度計をこまめにチェックする習慣をつけてのも大事なポイントです。

 

部屋の乾燥と湿度が及ぼす影響は?

感染症ウィルス

ウイルスが活発になる

部屋の空気が乾燥すると、ウイルスが本来持っている水分が蒸発します。

その結果、水分が極端に少ないウイルスは軽くなり、空気中を舞うようになってしまうのです。

最終的には空気中に舞っているウイルスを呼吸をとおして、わたしたちの体に入ってしまい感染してしまうというメカニズム。

その為にもウイルスの発生を防ぐためには、湿度計をこまめに確認して、空気が乾燥しすぎないよう気をつけましょう。

粘膜の乾燥

部屋が乾燥してしまうと、粘膜が乾燥してしまうため本来の働きができなくなります。

そのため、粘膜はウイルスに対しての防御力が低まり、乾燥した鼻やのどへ細菌やウイルスが入り込みやすくなります。

また、乾燥すると鼻水や鼻づまりなどの症状がでますよね。

その他、のどの痛みや痰(たん)が絡むといった症状も出てくるはずです。このような症状はすべて、粘膜の乾燥により生じます。

その結果、風邪を発症してしまうのです。

ですから、いつも粘膜を保湿できるように部屋の空気に気をつけましょう。

湿度の多さによる健康被害

乾燥に意識が行き過ぎて加湿器を仕様し過ぎると別の問題も起こります。

湿度が高すぎて湿度過多になってしまうと、部屋の壁や押し入れにカビが発生しやすくなってしまうんです。

そして一番厄介なのがダニの発生。

ダニはじめじめした環境でどんどん繁殖します。

カビやダニはぜん息やアレルギーを引き起こす原因になるので注意しましょう。

 

室内の乾燥対策

室内の乾燥対策

加湿器を置く

部屋の乾燥を防ぐためには、加湿器を使用するのがベストです。

最近販売されている加湿器の機能は実に豊富で、温度や湿度を設定するものもあり、自動で乾燥を防げるので便利になりました。

また、窓に結露が出てきたら換気も忘れないよう心がけてください。

加湿器だけに頼らずに、空気の入れ替えを行うのもポイントです。

加湿器以外の方法

他にも室外機をしない方法として、乾燥している部屋に洗濯物を干すのもお勧めです。

そうすることで、湿度を保つことができるでしょう。

また、ぬれたタオルなどを室内で干してから寝るのも良いですし、マスクの付けながら寝るのも効果的です。

また、部屋に霧吹きでミスト状の水をまくなら、乾燥を防ぐことができます。

 

まとめ

如何でしたでしょうか。

今の時期はインフルエンザなどの感染症がピークになっており学級閉鎖も多くなっていると聞きます。

まずは皆さんの出来ることから対策をすることがベスト。

今回のテーマである部屋の湿度対策に関してはウィルスの状況を活発にさせない効果があります。

もし万が一、乾燥による鼻やのどの痛みや炎症が気になる場合は、耳鼻咽喉科で見てもらいましょう。

声がかれるなどのどの違和感がある場合も、耳鼻咽喉科での相談をおすすめします。

自己判断ではなく耳鼻咽喉科の医師に見てもらいましょう。

1 2 3 4 5 6 40