治験ボランティア・臨床試験モニター募集ならメディカルベースメント

乾燥肌を内側から改善

こんにちは!
秘書猫みーでございます。

今週に入ってからめっきり寒くなってきましたが、「乾燥肌予防」に引き続き乾燥肌を体内から改善する対策についてお話できればと思います!

【乾燥肌予防】空気が乾燥する季節は早めの対策を

ご存知かと思いますが皆さんのお肌は食べるものからできてます。

だからこそ乾燥肌を予防するためには、外側からのケアだけではなく『体内のケアからの見直し』が必要不可欠。

今回は体内からからお肌の保湿力を高める方法についてお話させて頂きます!

 

乾燥肌の具体的な原因

乾燥肌の具体的な原因

皆様は加齢やダイエット、偏った食生活や不規則な生活習慣などによってお肌に異常が出たことはありませんか?

これはターンオーバーが乱れたり、角質層の水分などが少なくなることにより皮膚が乾燥した状態になり引きおこる現象。

乾燥肌と無縁な健やかな肌を作るためには、皮膚のターンオーバーのサイクルを正常化し、肌の水分量を高める必要性があります。

そのための大前提が『乾燥肌を予防してくれる栄養素を含む食べ物』を積極的に取り入れることなんです。

 

肌のターンオーバーを促す栄養素と食材

肌のターンオーバー

まずは乾燥肌にならない為にお肌のターンオーバーを促す栄養素を含んだ食材をご紹介させて頂きます!

たんぱく質(肉、魚、大豆)

肌のターンオーバーにはたんぱく質が必須。たんぱく質には肌の生まれ変わりを促進し、ターンオーバーを正常に行わせる作用があります。

ビタミンC(いちご、キウイなどのフルーツ、野菜)

ビタミンCは美肌には必須のビタミンのひとつ。体内の活性酸素を分解して肌のダメージを防止するほか、美肌に必須のコラーゲンの生成を助け、肌のターンオーバーに作用します。

オメガ3系脂肪酸(イワシやサンマなどの青魚)

良オメガ3系脂肪酸は、体内で作ることができない不飽和脂肪酸のひとつ。血液サラサラ効果のあるEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)などが有名ですよね。オメガ3系脂肪酸はホルモンや細胞膜の材料になり、美肌を保つ役割があります。

ビタミンA(レバー、うなぎ、卵、ほうれん草、にんじん)

ビタミンAは動物性食品に含まれるレチノールと、緑黄色野菜に含まれるβカロテンの2種類があります。皮脂膜や天然保湿因子の生成を促し、皮膚や粘膜のうるおいをキープする効果があります。

ビタミンB群(レバー、豚肉、うなぎ、納豆、魚類、卵、大豆製品)

ビタミンB群は美肌にするために大変重要な役割をするビタミン。肌のターンオーバーを正常に保ち、皮膚や粘膜の健康を維持する効果があります。

ビタミンE

若返りのビタミンとも呼ばれるビタミンE。血行促進や肌のバリア機能の強化など、皮膚のカサつきが改善、肌にハリやツヤが出るといった効果もあります。

 

食習慣を変えて3つの方法で乾燥肌対策!

野菜をスムージー

スープやジュースで各種栄養素を手軽に摂取!

スープや味噌汁、鍋にしたり、ミキサーでジュースにすれば、一度にたくさんのビタミンをとることが可能です。忙しい方でも手間がかかりません!

食材は、「少量」を「多品目」食べる

ひとつの食材を食べ過ぎず、多くの品目を少量ずつ食べるのがベスト!たとえば、必須脂肪酸を含む青魚も、1食で1匹食べれば十分です。

各栄養素をローテーションで!

お肌のターンオーバーには各種栄養素をまんべんなく摂ることが大事。なにかひとつの食材だけを食べていると栄養も偏りますよね。なるべくローテーションするようにして、様々な栄養素を体にとり入れる献立をつくるなど工夫してみましょう。

 

まとめ

今回は、乾燥肌を体の内部から整える「内的因子」を整える方法についてお話させて頂きました。

正直、内的因子を整える方法は、外部因子を整える方法よりは即効性は見えずらいです。

しかし、続けていくことでお肌のコンディションが良くなり、「あれっ、前よりも肌触りが違う」とと実感が湧いてくるはず。

効果を期待するならまずは1ヶ月間、毎日続けて摂ることが大切です。
肌は通常約1か月で生まれ変わります。

まずは体の中かをしっかりと整えて、健康的なもっちりお肌を目指して日々頑張っていきましょう!

インフルエンザにかかった犬

こんにちは。
秘書猫みーでございます!

10月に入ってやや暑い日がちらほらありますが、夜に窓を開けっ放しで寝ると寒くなってきた感じで大分”秋色”が濃くなってきた今日この頃。

同時に寒暖の差が激しくなり、空気も乾燥してきましたよね。

そうなってくると、またまたインフルエンザが発症しやすい季節の到来・・。

そんな訳でわたくしみーのブログでも度々ご紹介させてもらっているインフルエンザのお話を念押しでさせて頂こうと思います!。

詳細に関しては過去のブログをご覧いただきたいんですが、まずは流行する前に知っておいて頂きたい基礎的なお話が今回のメインです。

 

インフルエンザと風邪はウィルスが異なる

ウィルス

過去にインフルエンザを発症した方が、「インフルエンザワクチンを予め摂取したから、今年は風邪をひかないね!」なんて声が聞かれたりします。

皆様周知の事実かと思いますが、インフルエンザと風邪はそもそのウィルスが異なります。

インフルエンザはいわずと知れたインフルエンザウイルス。
代表的にはA型とB型があります。

【A型・B型】今年のインフルエンザはダブルで注意!

また風邪に関しては、ライノウイルス、コロナウイルス、RSウイルス、アデノウイルスなど様々な特徴を持ったウィルスが存在します。

ウイルスが異なるので、インフルエンザワクチンでは、これらのウイルスの予防は出来ません。

 

ワクチンを接種しても発症する可能性もあります。

インフルエンザワクチン

「なんでワクチンを打ったのに、インフルエンザになったんだろう」

という方が毎年のようにおりますが、ワクチンを事前に接種したのにインフルエンザに発症してしまうケースもあるんです。

ワクチンの効果として、発病抑制効果より重症化抑制のほうがより効果が強いという特徴があります。

そのようなこともあり、ワクチンを接種していてもインフルエンザにかかってしまうことがありますので、やはり手洗い、うがいを励行してほしいです。

 

インフルエンザは「ひかない・うつさない」

手洗い・うがい

インフルエンザの予防には、4つの方法があります。

本当に基本的な部分ですが、当たり前と思わず再度チェックしてくださいね。

①ワクチンの接種

まずは、インフルエンザが流行する前に、インフルエンザワクチンを事前に接種することです。

インフルエンザ流行の前にワクチン接種を【前編】
インフルエンザ流行の前にワクチン接種を【後編】

②マスクの着用

これは今の時期から意識して頂きたいのですが、電車の中など、大勢の人がいるところではマスクを着用しるよう心がけてください。他人の咳や、くしゃみなどで飛沫感染を防ぐことができます。

③手洗い・うがいの徹底

外出先から帰ったら、手洗い、うがいをすること。ラッシュアワーの電車の中で、目の前にいる人がくしゃみをされたら、避けようもありませんよね。

【正しい手洗い】バイ菌をやっつける為の実践してもらいたい9の工程

④感染したら完治するまで外出を控える

最後の予防方法は、あなた自身がインフルエンザにかかってしまった場合、他の人にうつさないようにする方法です。

突然の高熱(38度以上)、悪寒(ブルブル震える)、関節痛(体の節々が痛い)、頭痛などの症状がでたら、無理して会社や学校へ行くのは禁物です

 

まとめ

如何でしたでしょうか。インフルエンザは毎年のように流行を繰り返して、場合によっては重篤な症状になってしまうケースもあります。

まずは基本的な予防方法を日常生活に取り入れて、少しでも発症のリスクを減らしていくよにしてください。

インフルエンザ対策は早いに越したことはありません。

流行する前にワクチンをしっかりと摂取して、手洗い、うがい、そしてマスクなどをケースバイケースで着用して健康的な”秋ライフ”を満喫してくださいね!

 

乾燥肌

こんにちは!
秘書猫みーでございます。

さてさて、今週から10月に突入しましたが、時間が経つのは早いもんだなぁと感じる今日この頃。

そんな中、夏の湿気の多い時期から空気が乾燥する時期になって参りましたが、皆さん乾燥肌の対策は万全でしょうか?

これから秋が本格的に色濃くなる中、空気の乾燥に伴って肌の水分が蒸発してしまうために乾燥肌が発症しやすくなります。

そんな訳で、今回は秋の大敵である「乾燥肌」についてお話させて頂きましょう!

 

秋・冬に皆さんを悩ませる乾燥肌とは

手の痒み

まずは乾燥肌の基本的な知識からかいつまんで参りましょう。

すでにご存じかと思うんですが、秋から冬にかけて外気温が下がると、同時に空気が乾燥しますよね。

すると、手や足、ふくらはぎや太もも、顔、あるいは全身がカサカサして場合によって痒くなってしまう経験をされた方も多いんではないでしょうか。

このような症状を総じて「乾燥肌」と言います。

これは肌の角質層の水分が著しく低下して、保湿機能が低下することで皮膚から水分が蒸発してしまい、カサカサとした乾燥肌になるのが主な原因なんです。

 

乾燥肌を促進してしまうの様々な原因

便秘で乾燥肌

ここからは乾燥肌の原因をポイントを絞って挙げて参ります。

基本的には空気の乾燥により肌の水分が減少して発生してしまう現象ですが、以下に挙げたポイントが伴うことで、より乾燥肌の症状が悪化する恐れがあります。

空調(エアコンなど)の使用

当たり前のことですが冷房、暖房を長時間使用することで、肌の水分量が低下してしまい、ますます肌から水分が無くなってしまい乾燥を促進させてしまいます。

洗剤や石鹸の使用

食後の洗いもの、あるいはお掃除などの時に過度に洗剤や石鹸を使用してしまうことで、本来人間が持ち合わせている肌のバリア機能が著しく低下してしまいます。

すると肌の乾燥を促進してしまいます。

栄養バランスの偏り

朝・昼・晩の毎日の食事のバランスが崩れてしまうと、肌に本来必要な栄養素が行き渡らなくなり徐々に乾燥肌体質になっていきます。

身体の不調に伴う新陳代謝の低下

季節の変わり目に多く出る症状として便秘や胃腸の具合が悪いなどが挙げられます。すると身体がコンディション不良を引き起こし乾燥肌になることがあります。

加齢やストレス

高齢により、皮膚の角質細胞間脂質と皮脂の分泌が低下すると、乾燥肌になります。心身の疲労やストレスは血液の循環を悪くし、肌荒れや乾燥肌の原因になります。

 

乾燥肌対策とその方法

スキンケアする女性

乾燥肌は日常生活や身の回りの習慣などを改善するだけで解決する場合も多くあります。

次のヒントを参考に乾燥肌対策をしてみましょう!

部屋の湿度調整

秋・冬の特に空気が乾燥している時は加湿器などを使用して部屋の湿度調整を積極的に行う事でお肌の保湿を意識しましょう。

肌に良くない刺激の強い洗剤を使用しない

あまりにも肌に良くない成分が入っている洗剤や石鹸の使用をなるべく控え、今でいう弱酸性のようなものを使用することをお勧めします。

また、ゴム手袋などを使用してお肌の予防をすることもひとつの方法です。

食事による乾燥肌対策

基本的にはリズミカルな食事が基本ですが、乾燥肌対策になる食材を積極的に摂取することが望ましいです。

主に緑黄色野菜などが良いと言われ、にんじんやかぼちゃ、ほうれん草、オクラ、ブロッコリー、ピーマン、小松菜などが乾燥肌の予防になる栄養素が多分に含まれます。

サプリメントや保湿剤の使用

サプリメントは体内から乾燥肌を改善する作用があります。コラーゲン、ヒアルロン酸を筆頭に様々な栄養素が含まれるサプリメントを摂取することで乾燥肌を和らげる効果が期待できます。

また保湿成分が入ったスキンケア用品を使用することで乾燥肌を予防・改善することができます。

 

まとめ

如何でしたでしょうか。

乾燥肌を予防する方法は他にも様々ございますが、今回は代表的なものを上げさせて頂きました。

まずは皆さんのはじめやすい対策からスタートしてみては。

特に女性の方に関しては、乾燥肌は気になるところ。

まずは身体の中からしっかりとケアをしつつ、直接乾燥した空気に触れるお肌の対策も同時に行い、乾燥肌に負けない体づくりを目指してください。

では、今回はここまで!

最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。

1 2 3 4 5 6 35