治験ボランティア・臨床試験モニター募集ならメディカルベースメント

ボクシング

11月7日、さいたまスーパーアリーナ。

延べ22,000の超満員の会場で、WBSS(ワールドボクシングスーパーシリーズ)の決勝のゴングが鳴りました。

その注目度の高さから、フジテレビ、NHK、WOWOW、さらには英国のスカイTVやDAZNなど、異例とも言えるテレビ中継により、全世界5億人の視聴者がその試合を目撃したんだそうです。

ロイヤルリングサイドには新旧の世界チャンピオン、および芸能人の面々。

日本中が、井上尚弥vsノニト・ドネアの試合を固唾をのんで見守りました。

ドネアは”フィリピンの閃光”と称され、5階級でチャンピオンになったレジェンド。

ノニト・ドネア

WBSSの独特の演出で会場が異様な雰囲気に包まれつつ、国歌斉唱を割愛し、リングアナウンサーの観客を高揚させるマイクパフォーマンス後にゴング。

 

≪思いがけぬ瞼のカット≫

戦前の予想通り、1ラウンドは井上のスピードが”フィリピンの閃光”にヒットし続けます。恐らく殆どのボクシングファンも「今回も早いラウンドで決着が付くだろう」と誰もが思ったはず。

しかし、井上に思わぬアクシデントが発生するとは誰が想像したでしょうか。

2ラウンドの終盤、最も警戒していたドネアのカウンター気味の左フックが井上の右目瞼を切り裂くことになるとは‥。

この影響により井上曰く「3ラウンド目からドネアが二人に見えた」と言うくらい深刻なダメージを負ってしまいました。

これにより、最大の武器である右ストレート、およびボディーフックが打てなくなったと試合後語るくらいの局面に立たされます。

これもドネアが今回のトーナメントで持ってる運なのか‥。

1回戦では、ライアン・バーネットの腰の違和感によるTKO、そして準決勝ではリザーブの格下の選手に勝利。

そして、井上戦ではカットによるTKO勝ち‥。

そんな悪夢が頭をよぎりましたね、今回は。

トレーナーで父の真吾氏も「カットの状態によってはドクターストップも覚悟していた」とのこと。

相手は百戦錬磨のドネアですから、

クレバーに井上の傷口に標準を併せて、願わくばストップを試みていたはずです。

 

≪KO勝ちから判定勝ちを狙うためのゲームプラン変更≫

しかしそれでも慌てず、ゲームプランを切り替えるのが井上の凄さ。

瞼のカット後はガードを高く上げて、3~6ラウンドまで的確にパンチを浴びせてポイントアウトしていきます。

そしてクレバーだなと感じたのは、ある程度のポイントを計算したうえで7回、8回のラウンドを捨てて、10回~12回で確実にポイントを採り判定勝ちを狙ったと後に井上陣営が語ってました。

それを実現できる、井上の修正能力にはセンスを感じられずにはいられません。

 

≪井上尚弥史上、試練の9ラウンド≫

しかし、9ラウンド、
試練が訪れます‥。

左フックを警戒する井上の顔面に、ドネアの右ストレートがもろに被弾。

よろめく井上。

正直、こんな画はまったく想像してませんでした。

一気に攻め上がろうとするドネアが圧力を強めます。

しかし、慌てない井上はボディーワークでパンチをかわし、寸でのところでクリンチワークに徹してダメージを抜いていきます。

これには流石のひとこと。

元WBAスーパーフェザー級チャンピオンの内山高志氏が王座から陥落した試合、ダウンしてヒートアップした内山は無理に前に出てしまい、最後、相手のカウンターで沈みました。

そんな不安をよそにしっかりとディフェンスする井上のゲームプランニングは流石だと言わざるを得ません。

 

≪戦慄のボディショット、そしてレフェリングミス≫

すると終盤を迎えた11ラウンド。

井上はポイントを優勢にしようと攻撃の圧力を強めます。

その流れの中で飛び出した、戦慄のボディーブロー。

ドネアは苦しさのあまり、試合を放棄するかのようにリングをサークリングし膝をつきます。

ここで詰めればTKOが見えた矢先、
何故かレフリーが試合を止める暴挙に。

この局面でのレフェリングミスはちょっと如何なものかなと感じました。

正直、わたくしみーの見立てでは、ダウンのカウントは10入っていたと思うんですよね。

これも興行を盛り上げるための”演出”だったのかなと‥。

試合後に大橋会長も同じような趣旨のコメントをしてましたし。

そんな私見は置いておいて、12ランドも更に手数を出して圧力を強める井上がドネアをコーナーに追い詰めます。

ドネアも今年で37歳、どこにこんな力が残っていたのかと思うほど、タフだなと印象を残しつつ、試合終了のゴングが鳴ります。

 

≪判定勝ち、そしてスポーツマンシップ≫

そして自然と二人は熱い抱擁を交わしましたよね。

殴り合ったもの同士が試合が終わればノーサイドと言う、紳士的な対応にインターネット上でも賞賛の声が相次ぎました。

結果は、3-0で井上の判定勝ち。

この試合で井上の未知の領域である”打たれ強さ”だったり、競ったときのゲームプランの修正能力の高さも分かりました。

何より、ドネア相手に最高の経験値を積んだことでしょう。

歴史に残る最高の試合だったのではないでしょうか。

 

≪まとめ≫

わたくしみーは更に井上尚弥の拳に欲望をのせてしまいます。

今回、目をカットしたのも実力のうち。

過去にドネアに勝利したものは、そのような事態は見受けられませんでしたから。

このままルイス・ネリ、リゴンドーと戦ったら五分五分かなと‥。

ちょっと厳しい意見なんですが、この試合内容だとPFP(パウンドフォーパウンド)でロマチェンコ、クロフォード、カネロを超えることは正直難しいと思います。

しかし、試合後にトップランク社との正式契約が発表されました。

この経験を糧に、バンタム級4団体統一王者を目指し、WBO、およびWBCのチャンピオンを明確に勝利し、PFP1位を成し遂げて欲しい。

そんな訳で、まだまだ井上尚弥の試合で夢を見させて頂きたいと思う今日この頃です。

こんにちは!
秘書猫みーでございます!

ここ最近、グッと気温が低くなってきましたが、皆さん、風邪などは大丈夫ですか?

沿道の街路樹も、新緑から紅葉へと移り変わり始める時期になりましたよね。

そんな訳で秋といえば

 

食欲の秋、読書の秋、そしてスポーツの秋!

 

そしてスポーツといえば、わたくしみーの趣味のひとつに格闘技観戦!!

毎週末、格闘技のニュースや動画などをくまなくチェックしている今日この頃‥。

そんな中、格闘技ファンとして納得のできないことがあり、
ちょっとだけ皆さんにお話させて頂ければと思います。

 

≪計量オーバーする選手たち≫

減量苦

それが計量オーバーなんです。

格闘技は危険なスポーツが故に、細かく体重に規制があり

様々な階級に分かれているのはご存知ですよね?

しかし、ここ最近は勝利優先で意図的に体重オーバーする選手もいたり、そもそも途中で減量を諦めたような締まりのない体をしている選手まで出てきちゃいました。

中でも語り草になっているのが、当時、ボクシングのWBC世界バンタム級王者だった山中慎介と戦ったメキシコのルイス・ネリですよね。

彼は完全に意図して体重オーバーしてました。

このネリに関してはボクシングを冒涜したということで、
日本での試合は禁止という厳罰が下されました、

 

≪女子格闘家における減量苦≫

また、昨今は女子格闘技もブームを迎えており、立ち技から総合格闘技まで、様々な女子格闘家が誕生してます。

しかし、女性特有の体重が落ちにくくなる時期などがあるようで、
男子選手よりも計量オーバーが多く感じられるのは否めません。

そんな中、わたくしみーが個人的に応援している中井りん選手が、とある選手の計量オーバーにより、急きょ試合に参戦して見事勝利しました。

相手選手も本来戦うはずだった選手よりも、格が全く違う中井りん選手になったことで、面食らったことでしょう。

そんな話は置いておいて、この計量オーバーした選手、
なんと契約体重を3kgもオーバーしてたんです!

そもそも減量をやってないような計量時の体つきに、SNS上では格闘技ファンが激怒するなど議論が巻き起こりました。

 

≪コアな格闘技ファンが黙ってはいない!≫

格闘技のコアなファン

その選手が興行が終了後にマイクを渡されると涙を流して謝罪してましたが、そこにいる会場のファンから「頑張れ」「次がある」などの暖かい応援がありました。

が、しかしです。

期待していて待っていたファンにも失礼な話ですが、
一番問題なのは、対戦する相手選手じゃないでしょうか。

様々な時間を犠牲にしてリングに立とうと思った前日に相手が変わってしまった訳ですから。

しかもこの選手は2回目の計量オーバーなんです。

いまだに興行を主催している団体から公式のアナウンスがありませんが、何かしらのペナルティを課さないとファンに失礼だと思います。

 

≪まとめ≫

そんな訳で今回は格闘技界における減量苦について、
少しだけ私の見解を述べさせて頂きました。

格闘家は『リングに上がるまでも仕事のうち』と言いますが、他のスポーツよりも生活リズムを節制する大変厳しいスポーツ。

それ故に、ファンも感情移入がしやすく、魂を込めて応援することができるんです。

そんな訳で、ちょっとフラストレーションが溜まってはおりますが、11月7日の井上尚弥vsノニト・ドネアの試合でスカッとしたいと思う今日この頃です!

それでは、またお会いしましょう!

イヤァオ!
※中邑真輔風に(笑)

こんにちは、
秘書猫みーでございます!

先日、関東を直撃した台風19号「ハギビス」。

関東・甲信越を中心に多くの爪痕を残しました。

改めて、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りすると共に、被害を受けられた方々に衷心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復旧と、皆様が平穏な日々を取り戻せるよう、心よりお祈り申し上げます。

 

≪快進撃を続けるラグビー日本代表≫

ラグビー日本代表

そんな悲しみが日本列島を包み込む中、とあるスポーツの話題で私たちを勇気づけてくれました。

 

そうです、ラグビーワールドカップです。

 

ロシア、アイルランド、サモア、スコットランドという世界ランク的にも格上の相手に対して、連戦連勝を重ねて史上初のベスト8にコマを進めましたよね。

視聴率もうなぎ上りで、先日のスコットランド戦に限っては、平均で39.2%、瞬間最高視聴率は驚愕の53.7%と、サッカーのワールドカップを凌ぐほどの注目度ではないでしょうか。

また、日本代表は様々は個性が混ざりあったチーム。

チームスローガンである「ONE TEAM」を体現している様は、見ている私たちも熱いものを感じざるを得ません。

まさに

 

【One for all, All for one~全員で勝つために、 一人ひとりが全力で役割を果たす~】

 

の精神が国民に知れ渡った瞬間ではないでしょうか。

 

≪ラグビーは紳士のスポーツを体現したカナダ代表≫

ラグビーカナダ代表

そんな中、日本代表の活躍を尻目に、ひっそりと大会を去ったチームが台風によって傷ついた日本の心を励ましてくれる出来事がありました。

それがカナダ代表の選手たちです。

カナダは最終戦のナミビア戦で今大会初勝利を狙っていましたが、台風の影響で釜石市で予定されていた試合が中止になったことで引き分け扱いとなり、グループ最下位が決まっていました。

しかし、話がここで終わりません。

その去り際はまさにスポーツマンらしい粋なものでした。

選手たちは釜石に残り、台風19号に伴う大雨で路上にたまった土砂や泥をスコップでかき出したり、ゴミ袋に集めたりなどボランティアに汗を流しました。

ラグビー日本代表

その様子がTwitterなどのSNSで拡散されて、

 

「紳士すぎて感謝しかない」
「胸が熱くなった」

 

など選手をたたえる声が相次いでます。

被災された方も、屈強な肉体を誇るカナダ代表の選手が寄り添ってくれたことで、さぞ勇気づけられたことでしょう。

まさにラグビーは紳士のスポーツであり、
他国にもかかわらず「ノーサイド」の精神で我々に試合以外でも感動を与えてくれました。

 

≪まとめ≫

もしかするとラグビーは野球やサッカーなどのように、メジャーなスポーツではないかもしれません。

しかし、勝利絶対主義を義務付けられたメジャーなスポーツが、試合が終わった後にこれだけ人々に感動を与えるジャンルはあるのでしょうか。

我々もカナダ代表が見せてくれたようなスポーツマンシップを目の当たりにして、何か学ぶものがあったと思います。

カナダ代表の選手たちに改めて、感謝申し上げます!

1 2 3 4 5 6 50