治験ボランティア・臨床試験モニター募集ならメディカルベースメント

緑内障

こんにちは!
秘書猫みーでございます。

気が付けば9月に入り、まだまだ残暑が厳しい日もあるなか、秋を思わせるような日がちょっとずつ増えてきましたよね。

そんな訳で、季節の変わり目になって来たわけですが、このような時期には何かと体調不良を起こしやすくなる方も多いんではないでしょうか?

いわゆる季節病と呼ばれるような流行り病は当然のこと、持病を抱えている方は入念にケアしなくてはなりませんよね。

そんな中、風邪などの合併症で目に不調を訴える方も多いと聞きます。

しかし、病院などの検査機関で詳しく調べてもらったらなんと「緑内障」だったという40代以上の方が多いという調査があります。

今回は目の病気で一番怖いとされている緑内障についてお話できればと思います!

 

≪緑内障の原因≫

緑内障の原因

まずは緑内障の原因、および症状についておさらいしておきましょう。

緑内障は眼圧の上昇等によって視神経に傷害が起こる病気です。

眼球の内部は毛様体で作られる房水という液体で満たされているんですが、この房水は眼圧の調整に重要な役割を果たしています。

しかし、何かしらの原因で房水を流出させる部分が詰まることで眼圧が上昇、そして視神経にダメージが蓄積し緑内障になってしまうというメカニズムです。

 

≪緑内障の症状≫

緑内障の症状

緑内障では、あまりはっきりとした初期症状が現れないことがほとんどと言われています。

最初に自覚される症状としては、みえる範囲が狭くなる視野障害、または視野の一部だけがみえないといった暗点の出現などが挙げられます。

また、緑内障のタイプによっては、頭痛や吐き気が現れることも‥。

しかし、多くの場合は自分で気づかず、非常にゆっくりと進行するために気が付いたら症状が進行しているケースも多いとされています。

 

≪緑内障の危険因子と検査方法≫

高齢者

緑内障の具体的な発症理由はまだ完全に解明されてませんが、緑内障になるリスクが高い原因をご覧下さい。

 

  • ・眼圧が高い
  • ・高齢者
  • ・両親や兄弟に緑内障の人がいる
  • ・近視
  • ・片頭痛

 

また、緑内障の疑いがある場合は、検査・診断が必要になり、眼圧検査、隅角検査、眼底検査、光干渉断層計(OCT)、視野検査などで詳しく調べる必要があります。

 

≪緑内障の治療≫

緑内障の危険因子と検査方法

緑内障の治療における基本的な考え方は「症状を悪化させない」ことが非常に大切です。

一度ダメージを負ってしまった視神経が回復することはありません

しかし、高くなってしまった眼圧を下げることで、緑内障の進行を防ぐことは可能です。

眼圧を下げるための治療方法としては、薬物療法、レーザー療法、手術の3種類が挙げられますが、緑内障のレベルによって治療することになります。

 

≪まとめ≫

緑内障は視神経が障害されて視野が欠けていく病気です。

一度視野が欠けると二度と元には戻らないため、手遅れになる前に治療を行い、進行を抑えることが大切です。

緑内障は進行してはじめて気づくことが多いため、40歳を過ぎたら定期的に眼科の検診を受けるようにしましょう。

こんにちは!
秘書猫みーでございます。

9月を目前にして、ちょっとだけ涼しく感じるのは私だけでしょうか?

暦の上では秋を迎える訳ですが、
秋と言えばスポーツ。

11月にはさいたまスーパーアリーナにて開催が決定した『井上尚弥vsノニト・ドネア』が拳を交える世紀の一戦が待ち構えており、文字通りスポーツの秋に相応しい状況ですよね。

そんな中、プロ野球も100試合を消化して、いよいよ佳境に入ってきました。

当然の事ながらどの球団が優勝するのか、そして個人タイトルは誰が獲るのかなど気になる時期に差し掛かって来ましたよね。

そんな訳で、今回はわたくし秘書猫みーが予想する、プロ野球の個人タイトル予想「セ・リーグ 打者編」をお送りしたいと思います!!

「いやいや、こんだけ試合消化してたら予想してもほぼ決まったような感じやん!」

ですよね、その通りだと思います。

しかし、わたくしみーも曲者ですので、単純に今の数字を見て予想は立てません!

それでは、今後の残り試合や選手のコンディション、および精神状態を加味したわたくし独自の見解をとくとご覧アレ!

 

≪個人タイトル予想「セ・リーグ 打者編」≫

首位打者

ダヤン・ビシエド(中日ドラゴンズ)

広角に打球を放つことができるバットコントロール、そして理にかなったバッティングフォームから「あの往年の落合博満を彷彿させる」と、関係者からの評価も高いビシエドが首位打者をゲットすると予想します。

去年も打率348ということで、非常に好不調の波が少なく、バッティングメカニズムが非常に完成されたバッターだと評価してます。

現段階では広島カープの鈴木誠也が首位打者ですが、これから優勝争いする中で、勝負を避けられるケースが増えるでしょう。

するとストレスでバッティングフォームを崩す‥

そしてなんのしがらみもないビシエドがのびのびバッティングをして、首位打者、そんな感じでしょうか。

 

ホームラン王

村上 宗隆(東京ヤクルトスワローズ)

高卒2年目で既に30本のアーチを描いている、久々の和製怪物。

そしてこの若さで逆方向にもホームランを打てる巧さも持ち合わせてます。

清宮幸太郎(日本ハム)と同期なんですが、もはや数字の上では圧倒的に上回ってます。

また、あの清原和博の31本も射程圏内に捉えており、順調にいけば記録更新を期待される若き主砲ですよね。

打率こそ2割台前半と低いんですが、それは少しづつ経験を踏まえれば上がってくるでしょう!

今の段階では坂本勇人、および山田哲人がホームラン争いでトップですが、一度火が付けば一気にホームラン王になれる勢いを期待して、村上をチョイスしました!

 

打点王

ソト(横浜DeNAベイスターズ)

去年のホームラン王は今年も健在。

今年は非常に拮抗した打点王争いなんですが、何故、ソトをチョイスしたのか‥。

それはソトの前後を固める打者の出塁率が高いから。

特にベイスターズは率の高い打者が多く、ソトの前に塁を埋める場面が目立ちますよね。

しかし去年は開幕からフル出場でなかったので、今シーズン終盤までスタミナがもつかどうかが鍵を握るでしょう。

 

盗塁王

山田哲人(東京ヤクルトスワローズ)

トリプルスリーを3度達成した球界を代表する天才打者!

しかし今年は思いのほか打率が上がらず、トリプルスリーが極めて困難な状況ですよね。

そこで、山田自身は何かしらのタイトルを置き土産に今年のシーズンを終えたいと思っているはず。

ホームランに関しては、例年、終盤戦になってくると減少傾向になるので、ここで確実性の高い盗塁王のタイトルをゲットして、東京オリンピックに入りたいのではないでしょうか。

 

≪まとめ≫

如何でしたでしょうか?

本来であれば投手のタイトルも掲載したいところでしたが、ネタが膨れ上がってしまい、スタミナ切れを起こしちゃいました(笑)

これから終盤戦を迎えて、各選手に疲労が出やすい時期。

その辺の戦局を見極めたうえで、各タイトル予想をさせて頂きました!

では、次回はセリーグの投手編でお会いしましょう!

かくれ脱水

こんにちは!
秘書猫みーでございます。

お盆期間中のUターンラッシュがピークを迎えてますが、併せて暑さもピークを迎えている感じがしますよね。

そんな中で新潟県では最高気温40.8℃を記録したんだとか。

更にお盆期間中に発生した台風一過の影響により、更に暑くなることが予想されている今日この頃‥。

そんな夏本番を迎えるにあたって、熱中症に伴う病院への搬送者が後を経たない状態になりつつあります。

この暑さにより食欲が落ちやすくなり、体に必要な水分や塩分をとることができず、脱水症を起こすことで熱中症を発症した方も多いんでは無いでしょうか。

特に今年の夏は脱水症になる手前の「かくれ脱水」と呼ばれる症状が頻発してるんだとか。

そこで今回は「かくれ脱水」についてお話をさせて頂きたいと思います!

 

かくれ脱水とは

かくれ脱水とは

まずはかくれ脱水について解説させて頂きます。

まず脱水症は症状が進行するまでこれといって具体的な症状が出にくいのが特徴なんです。

脱水症になりかけているのに、本人や周囲がそれに気がつかないため、有効な対策がとれていない状態を「かくれ脱水」と呼ぶようになりました。

 

夏場の脱水症状のサインに注意!

夏場の脱水症状のサイン

それではどのような症状が出たときに「かくれ脱水」と呼べるかについて学んでいきましょう。

まずは、下記の症状のサインに早く気づくようにしましょう。

首筋などがべたべたしてくる

室内などで汗をかいていないように見えても、首付近などを触ってみたとき「何だかベタベタするな」と感じた時は「かくれ脱水」を疑うべきです。

どれでけ涼しい室内にいても、外出時に蒸し暑さに身体をさらすことで、気づかないうちに体の水分が失われている事があるので注意が必要です。

体のだるさがとれない

暑さの影響により食欲が落ちてしまうと、ビタミン・ミネラルなど必要な栄養素が不足しがちに。

すると体に疲労が溜まりやすくなります。

また、食欲が落ちている状態になると、喉の渇きを感じにくくなりる現象もあります。そのまま放置してしまうと脱水状態が進行してしまうので、注意が必要です。

めまいや立ちくらみを感じる

暑さにより体の中の必要な水分が失われると、血液がドロドロになってしまいます。

ドロドロになってしまった血流の滞りが、めまいやふらつきを引き起こす原因となりますので、そのような症状が出たときは「かくれ脱水」を疑ってください。

頭が痛くなる

脱水状態が表面化してくると、電解質(塩・カリウム)などの栄養素が不足します。すると頭が痛くなったり、筋肉が痙攣しやすくなります。この症状が出た場合、熱中症になりかけているケースも多いので、水分と塩分補給を行い、改善しない場合は医師に相談しましょう。

 

「かくれ脱水」を予防するには

こまめな水分補給

ではかくれ脱水を未然に防ぐにはどのようにしたらよいでしょうか。ここでは具体的な予防方法を何点か取り上げさせて頂きます。

水分・栄養の補給

  • ・こまめに水分や塩分などを補給する。その際、一気に呑んでしまうと尿として排出されてしまうので、こまめに補給するよう心掛けてください。
  • ・乳製品、納豆、にんにくなど、熱中症に効果的な栄養素を含んだ食材を積極的にとるようにする。

室温を上げない

  • ・室温を一定の温度に保ち、上昇を招くような無理な節電は避けるようにする
  • ・二重窓、カーテン、すだれなどのアイテムを使って、なるべく室内の温度を上げない工夫をする。
  • ・エアコンを使用する際は、冷気を行き渡らせるため扇風機を使ったり、室内の乾燥を防ぐため湿度を保つよう工夫して下さい。

体温を上げない

  • ・着用する衣服は、通気性が良好で吸湿性・速乾性のあるものを選択
  • ・外出するときは、日傘、帽子、サングラスなどを活用して直射日光をなるべく避けるよ  うにする。
  • ・外出するときは、こまめに休憩をとること。

 

まとめ

如何でしたでしょうか。

ここ最近の日本国内は亜熱帯を思わせるような自然現象が多くなってきました。

もはや以前の常識では考えられなかったような事象が頻発してます。

そしてこの夏場も年々暑くなってきたように感じられ、身体に変調をきたすケースが多々見受けられるようになりました。

今回の「かくれ脱水」もそのひとつ‥。

まずは体温調節やこまめな水分補給で「かくれ脱水」を予防し、今年の暑い夏を乗り切りましょう!

1 2 3 4 5 6 48