治験ボランティア・臨床試験モニター募集ならメディカルベースメント

五月病

こんにちは!
秘書猫みーでございます。

「令和」の新年号発表からはやくも3週間が経過している今日この頃。

 

「あれ、なんとくなく体が重い」
「あんまり人と会いたくない‥」
「気分がふさぎ込んで何事も楽しめない」

 

などなど、新生活への適応がうまくいかず、心身に不調があらわれる方も多く聞くようになりました。

これはもしかすると五月病のサインかもしれません。

特に社会人になりたての方などは、最初は希望をもって張り切っていたのに、5月の連休明け頃から、リアルな現実が心を押しつぶし、なんとなく気分が落ち込む、仕事などに集中できない、眠れないといったスランプ状態に陥ることもしばしば。

また、働き盛りの世代では、仕事上のストレスをきっかけに「五月病」を発症するケースが年々増加しているんだとか。

しかし、ストレスについてよく理解し、自分に合った対処法をみつけることで、緊張をやわらげることができます。

今回は五月病を予防するための具体的な対処法についてアドバイスできればと思います!

 

時間を上手に管理する

時間管理

まずはごく当たり前のことですが、時間の活用方法について。

ストレスが過度にたまってしまう原因のひとつは、ひとつの仕事に過度に関わったり、逆に時間を十分にとれなかったりして、仕事への力の配分が適切でないことにあります。

例えば、一度に多くのことを行おうとして、結局どれも達成できないなど‥。

このような場合、自分自身の力が不足しているからではないので安心してください。

まずは、タスクのリストを作成し、ひとつずつこなしていき、完了したタスクにチェックを入れていけば、考えている以上に仕事がはかどりますし、ストレスも緩和できるはずです。

また、重要な仕事を優先的におこなったり、気の進まない仕事を午前中の早い時間をこなせば、1日の残りの時間のストレスを減らすことができます。

 

他人との交流

他人との交流

他人と触れ合うことで、ストレスに伴うマイナスな感情や孤独、退屈を緩和することができます。

ちなみに、ストレスについて相談できる相手が見つからない場合は、自分の考えや今感じていることなどを文章に書き出してみると、問題がクリアになったりします。

また現代のインターネットを利用して他人と交流するのもときには効果的ですよ。

そして自分にとってはネガティブに思えることが、他人から見るとポジティブに見えることも少ありません。

他人と交流して、考え方のバランスを整えることにより、ストレスが緩和に役立つ場合があります。

 

身体を動かすことを習慣化する

ランニング

軽いランニングなどの有酸素運動などの身体活動は、ストレスを軽減する効果が大きいです。

特に最近はPCを使ってのデスクワーク、家ではテレビやスマホを使ったインターネットなどにより、座ったままの状態で過ごす時間が以前よりも長くなりました。

毎日の生活で体を動かす時間をつくることが、健康増進の効果を得られるだけでなく、緊張をやわらげ心身をリラックスさせ、ストレス管理に役立つことになります。

まずは本格的な運動をするより、費用のかからないような運動をすることをお勧めします!

おすすめの運動としては、

 

  • ・ウォーキング
  • ・筋力トレーニング
  • ・水泳
  • ・ダンス
  • ・ヨガ

 

などなど。

どんな方法でも良いので、自分に合った運動をする時間を増やしましょう!

 

規則正しい食事と睡眠

規則正しい生活

生活環境が目まぐるしく変化した昨今、規則正しい生活を送ることが現代のストレス社会では少し難しい状況ですよね。

それでも体を健康的に保つには食事と質の良い睡眠が、ストレス対策に一番効果が高いと言っても過言ではありません。

ちなみに心身に過度のストレスがたまっているときには、暴飲暴食したり、逆に食事さえままならないことがあります。

そんな時こそ日々の食事を見直し、より健康な食事のために何が必要かを考えよう。

 

 呼吸を整える

深呼吸

心身に過度なストレスを感じているとき、呼吸が浅くなることが多いと言われています。

浅い呼吸のメカニズムは、血中の酸素を減らし、筋肉の緊張を高め、ストレスをますます高める原因にも‥。

メンタル的に違和感を感じている場合は、仕事をいったんストップし、30秒ほど深呼吸をしてみることから始めてみましょう!

出来る限り腹式呼吸を意識して、下腹部が上がったり下がったりするのを感じながら、深く呼吸をしながら数字を10まで数えてみるのがポイントです。

 

まとめ

如何でしたでしょうか。

五月病は発症してからではタイミング的には遅いもの。

事前に心身にストレスが溜まらないようにする習慣がモノを言います。

今回ご紹介させて頂いた対処法を少しでも取り入れて頂き、健康的な生活を送って頂ければ嬉しいです。

今回のお話はここまで。

では、またお会いしましょう!

りんご病

こんにちは!
秘書猫みーでございます。

桜が満開を迎えて、これからは散り花びらを眺めるちょっぴり寂しい時期‥。

しかしそんな悠長なことを言っている暇はありません!

そうです、皆さんご存知の通り、今月末からスタートする歴史的な長さのGWが控えてますよね。

当然の事ながら行楽地は最大級の活況を迎えるかと想定されます。

しかしそこで怖いのが感染症に伴う病気のこと。

人口密度が高いところは色々と感染リスクが高まりますよね。

そして、厚生労働省が発表したとある感染症が2015年以来、流行の兆しを密かに迎えているんです。

 

その名も「りんご病

 

春から夏にかけて流行する感染症なんですが、今年は例年に比べて高い水準で感染者が増えているんだとか。

そこで、今回は、感染すると怖いりんご病についてお話できればと思います。

 

りんご病とは

こども(4~5歳)

まずはりんご病について簡単に解説させてください。

幼い子ども(4~5歳)を中心に発症しやすい感染症なんですが、具体的には「ヒトパルボウイルスB19」という病原体が引き起こす病気なんです。

主な症状としては、両頬が真っ赤なりんごのように赤くなることから「リンゴ病」と称されることが多いですよね。

しかし、最近ではこのような極端ではない例や症状が現れないケースもあり、様々なケースが報告されるようになりました。

 

りんご病の症状

りんご病の症状

りんご病の主な症状ですが、感染後10日以降に両頬に紅斑が出てきます。

続いて腕、脚部にも薄いレース様の紅斑がみられるようになり、場合によっては胸腹や背部にもこの発疹が現れることもあります。

また、発熱はあっても軽度。

このりんご病の大きな特徴として、発疹出現時期を迎えて伝染性紅斑と診断された時点では、ウイルス血症はほぼ終息に向かってます。

その段階では、既に他者への感染性はほぼ無いと言われております。

しかし厄介なのが、感染後約1週間で軽い感冒様症状を示す時期にウイルス血症を起こしており、ウイルスの体外への排泄量は最も多くなることなんです。

故に、二次感染の可能性が非常に高いと言われております。

 

特に妊婦の場合

妊婦

そして一番怖いのが、妊婦の方が感染すること。

万が一感染してしまった場合は、胎児水腫や流産のリスクがあります。

特に妊娠前半期はより危険性が高いといわれていますが、後半期にも胎児感染は生じるとの報告も‥。

他にも血小板減少症、顆粒球減少症、血球貪食症候群等の稀ですが重篤な合併症が知られています。

 

マスクやこまめな手洗いが必要

手洗いとうがい

りんご病の感染は飛沫感染もしくは接触感染が殆どです。

但し、まれにウイルス血症の時期に採取された血液製剤からの感染の報告があります。

基本的な予防策としては、マスクやこまめな手洗いを心がける事が必要です。

また万が一家庭内に感染者がいる場合は、接触する頻度を少なくしたり、食器の共有をなるべくしないような心がけが必要になります

 

まとめ

如何でしたでしょうか。

このりんご病は特徴的な症状(頬が赤くなる前)に至るまでの過程で感染力が非常に強くなる感染症です。

故に、感染を防ぐためには前述させて頂いた通り、マスクや手洗いなどを心がけて感染リスクを低くする心がけが必要です。

特にこれから迎えるGW。

普段よりも人口密集度が高い場所に行けば、なにかしらの症状を持った人と接触する可能性があります。

特にりんご病は流行の兆しを見せている状態なので、しっかりと予防策を取って最高の連休になることを心から願っております。

では、またお会いしましょう!

4月病

こんにちは!
秘書猫みーでございます。

4月1日に新しい年号が発表されてましたよね。

 

「平成」から「令和」へ。

 

5月1日からスタートする新時代に向けて、私たちも心機一転、新たな心構えで精進していく所存です。

 

しかし!

 

4月になって急に心身の疲労で参っているという声が最近よく耳にするのは気のせいでしょうか。

春は気候はもちろんのこと、新しい職場や新しい仲間、引越など「変化」の多い季節ですよね。

そんな訳で、今回は、4月に多発する「4月病」についてお話させて頂ければと思います!

 

4月病の主な原因はストレス

様々な要因のストレス

4月といえば、様々な環境が大きく変わるときですよね。

気温高低差に伴う体温調節、新しい職場や学校で環境での心の疲労など、いきなりの変化に順応することができず、体と心にストレスを与えてしまいがち。

すると、メンタル面を支えている「自律神経」が乱れがちになってしまいます。

過剰なストレスは心身の健康面に悪影響しか及ぼしません。

本人が気づかぬうちにストレスが強くなっていることもありますので注意が必要です。

 

まずは少し立ち止まってみる

立ち止まる人

心のバランスを整えるに最適な方法と言えばリズムある規則的な生活。その上で食事面や休養面、体調管理などを整える必要があります。

規則正しい生活にする

日常生活にリズムを付けるポイントは「起きる時間」「寝る時間」「朝昼夕の食事の時間」の3つです。

この3つの時間、なるべく同じ時間帯になるように心がけましょう。ただし、無理はせず、自分に合ったリズムにしてください。

栄養バランスのよい食事をとる

偏った食事はなるべく避けて、ビタミンやミネラルが豊富な野菜や果実が不足しないよう心がけましょう。

中でも、旬のものは栄養も豊かで、食べる楽しみも大きく膨らみます。

また、疲労回復や緊張緩和によい食材を選ぶとよいでしょう。

休養をとる

休日はあえて何もせず、ゆったりとした時間も必要です。

そのうえで、プライベートも忙しくスケジュールし過ぎないような配慮が必要です。音楽を聴いたり、散歩をしたり、自分なりのリラックス法で休日を過ごしましょう。

体温調節を意識する

気温の寒暖差が大きい不安定な春には、常に薄物の重ね着を心がけることが大切です。暑さや寒さを感じたら、すぐに服を脱着して対応調節できるような備えをしましょう。

 

まとめ

如何でしたでしょうか。

この4月は出会いの季節というだけあって、新しい環境や人間関係に晒される時間が長くなります。

どんなにコミュニケーション能力がある人でも気疲れしてしまうもの。

ちょっとでもストレスを緩和して桜のように満開の日々を送ってくだされば嬉しいです。

それでは今回はこの辺で。

1 2 3 4 5 6 43